トップページ > ナースのためのキャリアアップ資格ガイド「学会認定・自己血輸血看護師」

ナースとしてのキャリアプランを立てるときに、その力ギの1つとなるのが資格です。「専門性を高める」「最新の知識や技術を学ぶ」といった目的をかなえる手段であるとともに、進みたい方向への道標になったり、進み続けていくための自信になったり、時にはステップアップのきっかけにもなってくれます。
当サイトでは、モチベーションも、スキルも、キャリアもアップさせる「あがる資格」をたっぷりご紹介。これからのあなたに結びつく資格に巡り合うことを祈っています。

ナースのためのキャリアアップ資格ガイド<2018年10月版>

  • 学会認定・自己血輸血看護師

輸血部のない施設が多い環境のなか、教育を受けた医師・看護師が適切で正しい輸血療法を行うことが期待されています。

そこで日本自己血輸血学会と日本輸血・細胞治療学会が、適正で安全な自己血輸血を推進する看護師育成を目的として、学会認定・自己血輸血看護師試験を開始しました。

自己血輸血看護師資格は、貯血式自己血輸血管理体制加算の算定に必須です。

1.取得条件

・学会員(会員)の必要性 : 日本自己血輸血学会または日本輸血・細胞治療学会の会員であること

・臨床経験について : 看護師として2年以上の臨床経験、自己血輸血業務(自己血採血計画の立案、自己血採血実施、採血時の看護、回収式や希釈式の実施あるいは看護、自己血の返血実施、赤十字血液センターとして自己血採血の指導など)の経験が1年以上あり、通算で30例以上の実施症例があること

・学会・講習会への参加(単位取得)が必要 : 教育セミナーや協議会指定セミナーの受講証明書を保有すること (試験後の受講も可、その場合は仮登録)

2.問い合わせ先

・学会認定 自己血輸血医師看護師制度協議会事務局(03−3910−4380)

3.取得までの流れ

・受験申請 : 申請料/10,000円

・合同研修・施設研修・筆記試験・面接 : 筆記試験(マークシート形式と小論文)/自己血輸血、血液製剤、輸血療法、血液事業、法制度など輸血全般から出題。

・日程 : 年2回(春・秋)に実施(各々3日間)

・会場 : 学術総会会場(春)、原則として日本赤十字社関東甲信越ブロック赤十字血液センター(秋)

・費用 : 25,000円

・登録 : 登録料/5,000円

参考になさってください。

なお、キャリアアップのための資格取得を考えている方の中には転職を視野に入れている方もいるかもしれません。そうした方のためにナース転職サイト比較もご案内していますので参考にしてみてください。

看護師・ナースの方が転職したい!と思ったら。

>>>最新の看護師転職・ナース転職サイト比較ランキングはこちら


ナースのためのキャリアアップ資格ガイド

トップページ
看護師転職サイト比較
ナースのためのキャリアアップ資格ガイド
<2018年10月版>

目次

トップページ
ナース転職サイト比較
ナースのためのキャリアアップ資格ガイド
<2018年10月版>
看護師・ナース転職サイト比較(外部リンク)

口コミを投稿する